SEASONS

最新の「運活情報」を
無料メルマガで配信中【登録】

あなたの生年月日を入力してください。


季節判定

日生まれ

あなたの生まれた季節は
春 夏 秋 冬です

あなたの現在の季節は
春 夏 秋 冬年目です

春生まれ

春生まれの人は、内なるパワーのもと、洞察力が鋭く、物事を理解して本質を見抜く。

知識と理論を用いて真理を明らかにし、共感した人々へ、そのメッセージを伝え運ぶ。

未来のために率先して破壊し、次なるプランを立て、夢を想像し、創造する人生の魔術師である。

夏生まれ

夏生まれの人は、天の啓示と純粋な愛のもと、誓約と規律を守り、勇気を持って己に闘いを挑む。

目の前に起こるあらゆる障害を克服しようと、技能を磨き、自己鍛錬に情熱を注ぐ。

その体験に基づいた真実の知恵により、人生を確かに導く賢者である。

秋生まれ

秋生まれの人は、無限大なる可能性と叡智のもと、自己を解き放ち、寛大で、霊的な創造をする、あるがまま自由な知恵ある愚者である。

周囲に思いやりを振りまきながら、ただ独り、何ものにもとらわれず、真実の楽しさを求める使命を果たすため、人生を旅する癒し人である。

冬生まれ

冬生まれの人は、自分を信じ、強い意志のもと、責任感の強い愛と勇気によって自己と他者との資源を引き出し、組織を創り、権威あるエネルギーを持って支配する。

その指導力とバイタリティにおいて、周囲を巻き込み、信頼し、力を結集させ、最高を探求し、人生の目的を完遂する統治者である。

春1年目

整えた土壌に、手を抜かず水や肥料を与える

とにかく、エネルギーを外に向けて、ここで自分自身に栄養をつける。

適切な水や肥料も与える。

自分を磨き、技を身につけて、力をつけるべきとき。せっかく芽吹いても、放っておいたなら枯れてしまうから。

春2年目

自己探求して、決意のもとさらに進んでいく

実際に探求していく年。

いま現在歩き出している道を、更なる上昇に向かって、探求・検証する。

「自分は、このままでいいのか、いやなのか」を自分自身へ問いかけ、自分と向き合う。 自問自答する。

春3年目

破壊と創造、次のために潔く手放す

二年目の自己探求を受けて、やがてくる夏のために、できあがったものを一度壊して、もう一回つくるとき。

つまり「破壊と創造」の年。固執・執着からの脱却・脱出をしなければならないし、手放すものは潔く手放す。

夏1年目

チャレンジのために、ひとつになる

好きなことを好きなだけ、気のすむまでしてみるとき。

春の三年目の「破壊と創造」を経て、自分の気持ちとこれからつくろうとする環境とを融合させる。

拡大するために、自分自身、あるいは、ついてきてくれた人とひとつになる。

夏2年目

自分の限界に挑む

いよいよ本当のチャレンジ、真の自己創造をする年。

人生に新しい現実をつくることも創造だし、仕事の面で実際に起業したりして形にするのも創造。

自分が自分のクリエーターになって、活躍する範囲を拡大していく。

夏3年目

自分の気持ちにふたをせず、勇気を持って解決する

自分への挑戦である夏二年目を経て、自分が築き上げた人生において、調和した場所で責任を全うするとき。

気がついている問題から目を反らさずに、自己責任をもって臨んでいくことが重要。

秋1年目

自分を信じ、大きな流れを信じる

自分を信じ、流れを信じること。自分の意図しないところで起きる。

食わず嫌いをしないことによって、枠は広がるのね。

自己と宇宙をつなげるくらいのつもりで、小さいことを考えず、大きな流れを信じよう。

秋2年目

やりたいことを、かたっぱしからやってみる

知識、英知、啓発を獲得すること。

真理、真実、理解によって、自分の中で落とし込みができる。

そういう意味での確認が、意図することなく起きてくる。気がついたこと、やってみたいことを、気持ちに素直にかたっぱしからやってみることが大切。

秋3年目

一喜一憂せず、すべては収穫と楽しむ

最後の収穫を楽しむ。

プロセスを信じて、旅そのものを楽しむ。

それは、小さく考えるなということ。

自分の無限大の可能性を信じて、目の前に起こる現象のすべては自分への必要事項なのだととらえる。

冬1年目

秋に起こったことを検証する

自分の立っているスタンスや範囲を真摯に検証する。

秋を経て、それが揺るぎないのか、崩れそうなのかをしっかりと見ることが大切。

会社の組織についても、個人と個人の人間関係全般についても。

冬2年目

自分の立ち位置を整える

冬の一年目を検証し、選択を受けて、二年目はその選んだ自分の安全領域や立ち位置を整える。

そのための知恵や知識や技(わざ)を磨き、支持者や協力者を求め、依頼していく。

そして、実際の土壌をつくるために模索する。

冬3年目

真の問題と闘うこと

自分自身の道を得て、「争い」を通じて違いを生みつつ、オンリーワンを歩んでいく。

「争い」とは、自分の持つ強いこだわりや、真の問題と闘うこと。

それらの困難から目をそらさずに、真正面から闘いを挑むのが課題。

年の季節サイクル(月ごと)