K.Eさん

ちょうど仕事でピンチを迎えているところだったので、今日の話は、身にしみました。自分で自分を一人にしていたこともわかりましたし、話を聞いているうちに、この問題は、この人に聞いてみよう、協力者を集めようなどの解決策もうかんできました。そうするとワクワクしてきました。
お二人の話にふれられたことで、今のピンチがチャンスに変わっていたと、実感しました。

運は人と関わることで開けて、集中していたら自動的に道が開けるという話が印象に残りました。
來夢さんが最後にボソッと「道は誰にもある」と言ったのが印象的でした。