川端康浩

今年から秋1です。会社経営をしていますが、秋に入ったとたんに「父親が倒れる」「母も病気になる」「業績の低下」「思わぬアクシデント」が相次ぎました。さすが「秋」と感心している場合で無く、夏は多少、無謀でも回りが不思議とカバーしてくれる。秋からは、必要以上に慎重にならないと物事がうまくいかない。この違いは根本的には季節に関係なく、周りに感謝して何事もきちんとやりなさいという原則に気がつきました。秋冬こそ、きちんとやる。学びました。ですから怖くありません。頑張ります。