畠山幸子

自分にとって未知の経験にチャレンジすることは、楽しみな反面、少し怖くもあります。そんな時、冬1の私は「今は試行錯誤の時期なのだから、どんどん行っちゃえ!」と、背中を押してもらっています。