藤井千穂

私の人生も春夏秋冬でなんとなくまわっているんじゃないか?と気づかされたとき、過去現在未来と平面的に流れている感覚から1日をも、春夏秋冬の流れの一つなんだと感じられ立体的にまわっているという感覚へとかわり、マイナスと思われる場面を捨てるのではなく、流れの一つとして捉えようと思えるようになったのはかなりの変化です。