【実践者から学ぶ】『 「 あるがままの自分 」へと突き抜ける 』(佐藤昌弘 ・ 來夢)


クライアント企業より「 言葉の魔術師 」と呼ばれ、週刊ビジネス誌で「 日本一高額なコンサルタント 」と紹介されたこともある、有名コンサルタントの佐藤昌弘さんが「 春夏秋冬理論 」について語った貴重なCDです。

「 凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク 」( 日本実業出版 )が、8万部突破するベストセラー。

「 図解・非常識に儲ける人々が実践する成功ノート 」( 三笠書房 )は、発売後わずか半年で、20万部を超えるベストセラーとなり、2004年度のビジネス書 ・ 売上ランキング1位。

日本郵政公社、松下電工、ダイキン工業といった著名な団体 ・ 企業にて、講演会やセミナーの講師をつとめ、関西電力、ミサワホーム、マルマンなどの、上場企業 ・ 有名企業に対するアドバイスを、個別訪問指導、電話によるサポートを通じて実施。

などなど、 現在は有名コンサルタントとしてご活躍中の佐藤さんにも、実は苦しい時期が・・・

 

その苦しい時期というのは、春夏秋冬理論の 「 春 」 の時期。

えっ、春ってうららかで、何でも順調にいく、過ごしやすい季節なのでは?

いえいえ、実はそうとは限らないんです。
佐藤さん曰く、「 春の時期は苦しかったー 」 。

苦しい春を乗り越え、すばらしい 「 夏 」 に、するためには、一体どうすればいいのか?
その答えは、このCDの中に。

凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク

内容の一部を、ご紹介すると・・・


【  1 】 來夢先生が、佐藤さんから感じる、夏生まれの1つの特徴的な面とは?
【  2 】 佐藤さんが、コンサルタントとしてクライアントを獲得するために、まずやったこととは?
【  3 】 來夢先生が考える、佐藤さんの立ち上げのときの、大きなポイントとは?
【  4 】 佐藤さんの、「春夏秋冬理論」に対するスタンスとは?
【  5 】 佐藤さんが、我慢しなくてはいけなかった季節とは?
【  6 】 佐藤さんの、春の3年目、破壊と創造とは?
【  7 】 佐藤さんが、春の時期に体験した、楽しむための苦しみとは?
【  8 】 春の2年目に、佐藤さんが実践した、内にこもらず外に向かって働きかける自己探求とは?
【  9 】 佐藤さんが、常に自分に言い聞かせている言葉とは?
【 10 】 佐藤さんが、人に言われるまで気がつかなかった、「アピールポイント」とは?
【 11 】 自分の内に対して問いかける、探究する時期というのはいつ?

話し手 : 來夢 佐藤 昌弘
聞き手 : 高島 亮
CD1枚 ( 約70分 )
6,000円 ( 送料 ・ 代引手数料 ・ 消費税込 )

※ このCDは、リニューアル前に販売していたCD
   『 「 あるがままの自分 」へと突き抜ける 』 と、
   CDの盤面は異なりますが、内容は同じです。