【Vol.39】 『來夢生活20年の話』

話し手:來夢

2014年8月に、「デビュー20周年目」に突入した來夢先生。
今回のVOICEは、來夢先生のデビュー当時から現在までの軌跡を辿る、ここでしか訊けない話題が盛り沢山!
ゆかりのあるゲストをお招きしての対談が実現しました。

前半は、來夢先生にとって「東洋占星術」の師匠的立場でもいらっしゃる富塚崇文先生をゲストにお招きし、
20年前の懐かしい出来事を振り返りながら、「占い」の「活用」についてお話しいただきました。

後半は、來夢先生のデビュー当時からの長年のクライアントの方、シーズンズから配信されるようになった『來夢的開運レター』の当初からの読者の方をゲストにお招きしています。
來夢先生との「ご縁」のきっかけやそれぞれが感じる來夢先生の魅力、個人セッションでのアドバイスや開運レターを日常の生活にどう活かしているのか、自身の成長や心の変化などについて…など、話題が満載です。
「占い」や「星の情報」を日常に取り入れ、「日常に活かす」ことを意識されているお二人のお話。「今日から私もやってみよう」と思うようなヒントが見つかるかもしれません。
いまを生きる我々にとって大切なメッセージがつまった対談になりました。
誰も教えてくれなかった仏教のあれこれ、ぜひお楽しみに!

【Vol.38】 『今さら訊けない日本人として知っておきたい仏教の話』完売御礼

話し手:來夢・牧野宗永

今回は、経営アストロロジー協会勉強会での公開収録となりました。
約8年間チベット仏教僧院に滞在し、チベット密教の教義と実践を学んでこられた
「牧野宗永(まきの・そうえい)」さんがゲストです。

來夢先生は、牧野さんの仏教に対する解釈について、「かなり長く学んでいたにもかかわらず、『我(われ)』が入っていない、無色透明なイメージ」をもたれたそう。
そんな牧野さんに、來夢先生の敬愛するダライラマ法王猊下のお言葉を数珠繋ぎにしながら仏教のお話を伺いました。

閻魔大王の服装はなんで中国式?
「如来」と「菩薩」の違いは?
なぜ法事は7の倍数で行われるのか?
いざ聞かれるとわからない仏教の知識や教えなど、興味深いお話ばかりです。

私達が普段仏教用語と気づかないうちに使っている言葉からVOICEならではの普段聞けない一歩踏み込んだ仏教のお話も出てきます。
「因果応報」、「以心伝心」、「因縁生起」、「三昧」、「慈悲」と「方便」…。
言葉の由来や本来の意味、宗教としての歴史と流れを知ることで更に深く考え、正しく使う助けになるのではないでしょうか。

古くから日本に根づいている仏教は我々に何を教えてくれるのか。
いまを生きる我々にとって大切なメッセージがつまった対談になりました。
誰も教えてくれなかった仏教のあれこれ、ぜひお楽しみに!

【Vol.37】 『「縁活力」の育て方』

話し手:來夢、浜田忠士、横田美宝子 聞き手:益川幸子

今回は、シーズンズでレターを出すようになった第1号からの読者であり、ライフロジックパートナーでもあるお二人をゲストに招いて、上手に展開しているお二人はどのようにレターを活用しているのかをうかがいました。

すべてを読み込んで覚えているのでも、「毎日のおみくじカレンダー」を毎日チェックしているのでもないというお二人。その距離感、スタンスは必聴。とても参考になりますので、お聴き逃しのないように。

さらに、話題はその活動がレターでも報告されているLLPについても広がっていき、自治会長をされている浜田さんがお話してくださいました。
春夏秋冬理論を使いやすく、理解しやすくすることがLLPの第一目的。いま、とても進化していて、これからの活動にも期待が膨らみます。

「知っていて損のない情報」として來夢先生が提供する星の情報の活かし方についてもうかがっています。
星でも春夏秋冬理論でもLLPでも、自分が使えるツールであるということが大事。
そのための講座で、浜田さんが講師を務める「使える占星学講座」も話題に上がっています。

星の情報や春夏秋冬理論を活用している生の声や、LLP、「使える占星学講座」など学びの場の情報もありますし、それに対する熱い思いも伝わってきます。

興味を持っていただける話題が満載です。どうぞお楽しみに。

【Vol.36】 「『月のリズム』で運をつかむ」完売御礼

話し手:來夢、櫻井秀勲

2014年、年明け第1回も、スペシャル版です。
お読みになった方もいらっしゃると思いますが、2013年12月に來夢先生の4年ぶりの新刊『月のリズム』が発売になりました。
その出版記念を兼ねて、12月11日に櫻井秀勲先生と來夢先生のスペシャル対談が行われたのです。
その対談の模様を今回の「來夢VOICE」ではお届けします。

前半は例年通り、來夢先生とシーズンズ事務局の益川との対談からスタート。まずは、今年がどんな年になるか、星の情報とともにお話いただきました。

後半は、櫻井秀勲先生と來夢先生のスペシャル対談の模様です。
櫻井先生はもともと編集者でいらっしゃいます。
多くの雑誌、作家を育ててこられ、現在はご自身も作家であり、また、多くの肩書きをもつ方です。
今年から、櫻井先生はきずな出版というのをスタートさせました。その12冊目となるのが來夢先生の『月のリズム』です。
櫻井先生の肩書きのひとつに、早稲田運命学研究会の会長というのがあります。
そして、その顧問をしているのが來夢先生です。
今回は、その早稲田運命学研究会の勉強会を「櫻井秀勲先生と來夢先生のスペシャル対談」とし、たくさんのみなさんにお集まりいただきました。

【Vol.35】 『感じる力と人生のリズムを活かして自分を生きる』

話し手:來夢、望月俊孝

シーズンズ10周年を記念して行われてきた來夢ボイスの公開収録も、
今回がいよいよ最終章。
震災以来、來夢先生が特別な思いをもって何度も訪れている仙台が会場です。
ゲストは、望月俊孝さんです。

「レイキ」や「宝地図」で知られる望月さん。
お父様の影響もあり、中学生の頃からスピリチュアルな世界に興味をもっていたとのこと。
誰にでもメッセージは来ているし、誰でも感じる力をもっている。
そして、人生にはリズムがあり、そのリズムを知っているとメッセージを受け取りやすし、流れに乗れる、と望月さん。
自分のなかにあるはずの答えを引き出すことが大事なのだと、望月さんはさまざまな経験を通して伝えてくださっています。

【Vol.34】 『「本田健」の運活力』~完売御礼~

話し手:來夢、本田健

前回に引き続き、今回の來夢ボイスもスペシャルスタイル。
シーズンズ10周年を記念して、福岡での公開収録です。
ゲストは本田健さん。
こういうトークショーに出ることはほとんどないのですが、
來夢先生となら、と快諾。
さらに、めったに旅をしないという本田さんが、
はるばる(?)福岡まで出向いてくださいました。

笑い声もたくさん詰まっていてハッピーな仕上がりです。
とても聞き応えのある一枚になっています。

【Vol.33】 『道ならば開ける! ~ 運活のキーワードは、「素直さ」と「潔さ」 ~』完売御礼

話し手:來夢、小阪裕司

今回の來夢ボイスはスペシャルスタイル。
シーズンズ10周年を記念して、ライブハウスでの公開収録です。
ゲストは、オラクルひと・しくみ研究所の小阪裕司さん。

來夢先生と小阪さんは10年来のおつき合い。
そんななか、「小阪さんの素直さと潔さは天下一品」と
來夢先生は絶賛されます。
「素直さと潔さ」を「運活」に活用できるヒントを
シェアできるのではないかと思います。

【Vol.31】 『魔法の質問で振り返る春夏秋冬』~季節のリズムを知るということ~

話し手:來夢、マツダミヒロ 聞き手:益川 幸子

今回は、質問家マツダミヒロさんを
ゲストにお招きしています。

マツダさんが特別につくってくださった
「魔法の質問・春夏秋冬バージョン」に、
ご自身で答えながら進んでいきながら
春夏秋冬を振り返っていきます。

CDを聴きながら、みなさん自身も、
「魔法の質問」に答えていくと、
きっと新しい気づきがあるはずです。

【Vol.30】 『「春夏秋冬」で気づく人生の転機』~健康であることの大切さ~

話し手:來夢、吉田貴史 聞き手:益川 幸子

今回は、証券会社勤務をスタートに金融一筋に歩まれ、
現在は吉田運用研究所の代表取締役でいらっしゃる
吉田貴史さんをゲストにお招きしています。

春夏秋冬理論を予習ではなく復習用のツールとして
活用されている吉田さん。
過去を整理することで未来の指針にする春夏秋冬の活用法、
免疫力を上げる実践的生活習慣など
生活のヒントにもなる対談となっています。

【Vol.29】 『春夏秋冬のリズムと縁の展開』完売御礼

話し手:來夢、玉川一郎、玉川町子 聞き手:益川 幸子

今回は、ライフロジックパートナーでもあり、
フォトリーディングやマインドマップのインストラクターと
してご活躍なさっている玉川一郎さんとその奥様の町子さんを
ゲストにお招きしています。

夏秋冬のリズム、星や干支などの情報も
お互いの理解を深めることに活用しながら
絆を深めていったお二人。
人との縁や人生のサイクル、多くの気づきをもたらしてくれる、
とてもハッピーな対談となっています。