【Vol.54】自分の行動が自分の歴史をつくる 龍氣お水採り2018 瀬戸内の旅にて

話し手:來夢・三好 潤子

今回のゲストは、四国で働きたい方の就職をサポートされている
アビリティーセンター株式会社の会長である三好潤子さん。

三好さんは4人の男の子の育児をしながらこちらの会社を立ち上げられました。
それまでの経緯や多忙な中での家庭と会社経営の両立、
そしてこれからのことについてお話しいただきました

アビリティーセンター株式会社 ホームページ
https://www.abi.co.jp/

【Vol.53】あたりまえの毎日を、 あたりまえとしないで自分を生きる!

話し手:來夢・平松 利枝子

今回のゲストは、フォトジャーナリストである、平松 利枝子さん。
平松さんは、小児科の研究職で、末期ガンや、HIV、虐待を受けた
お子さんたちと向き合うお仕事をされていました。
東日本大震災以来、被災地に於いて撮影や取材をしたり、
「明日を夢見るドレス」というドレスを通してのアートやイベント等を
開催されたりもしています。
お二人のお子様のお母さまでありながら、
その多才な活動は、国内のみならず、海外にも広がっています。
お話の中で、平松さんが終始伝えてくださったことは、
今の時代に日本に生きる私たちへの力強いエールでした。

平松利枝子さん ホームページ
http://www.riexpress.jp/

【Vol.52】いくつになっても素直っていいよね。心理学と占星学の話

話し手:來夢・あべともこ

今回のゲストは、TA 教育コンサルタンシー代表 あべともこさん。
あべさんは、TA 心理学を日本に広め、
より幸せになる人を増やすために活動されています。
ライフロジックパートナーや MRL マザーなどの資格もお持ちで、
その姿勢はいつでもチャレンジ精神に溢れ、柔軟です。
來夢との出会いからあべさんが TA 心理学を学ぶことになった経緯、
心理学と占星学の違いや共通点などについて語っていただきました。
二人のお互いを尊重するようなあたたかい時間から
学ぶことがたくさんありそうです。

【Vol.51】春夏秋冬理論が生まれて15年、担当編集者(今では社長)と振り返る

話し手:來夢・岩野裕一

今回のゲストは、実業之日本社 代表取締役社長 岩野裕一さん。
來夢と岩野さんは、春夏秋冬理論の著書『なぜ春はこない?』の
出版をきっかけに出会いました。
春夏秋冬理論が生まれて15年、
二人のお付き合いも15年という月日が経ちました。
当時、その本の担当編集長だった岩野さんは実業之日本社の社長となり、
その日々にはいつも春夏秋冬理論があったそうです。
聴いていると、これまでのご自分の季節と重なって、
共感するところや新しい発見もたくさんありそうです。

【Vol.50】來夢VOICE 50回記念 五十にして天命を知る

話し手:來夢・小林まどか

今回のゲストは、フリーのインタビュアーである小林まどかさん。
小林さんは FM ラジオ局の局アナを経て、現在はフリーに転身。
これまで著名人を含めた延べ 2000 人を超えるインタビューをされてきました。
その経験をもとに、聴き方・伝え方のセミナーなどを開催されたり、
「言魂インタビュー」というご自身の番組でもご活躍されています。

今回は、來夢 VOICE50 回を記念して、小林さんから來夢にたくさんの質問を
投げかけていただきました。
來夢の幼少時代のこと、縁が結んだ大切な出会い、人生で大切なことなど盛りだくさんの内容。

小林まどかさん オフィシャルブログ
https://yaplog.jp/madoka314

【Vol.49】「月のしずく」水守 重岡昌吾社長と語る 「あたりまえ」を「感謝」に変えれば「幸せの扉」が開かれる

話し手:來夢・重岡昌吾

今回は、2017121日に開催された、
先生が大好きなお水「月のしずく」の水守である、
和歌山県 ゆの里 重岡昌吾社長との新刊出版記念対談イベントの模様をお届けします。

お二人の出会いの話からはじまり、お水のこと、2017年の星の動き、
お水と本の内容の共通点、参加者の方からの質疑応答など、
3
回目となるゆの里での講演会は充実したものとなりました。

2枚組のCDでお届けいたします。

【Vol.48】祝! 還暦 酉年 年男、望月俊孝氏と語る「あたりまえ」を「感謝」に変えれば「幸せの扉」が開かれる

話し手:來夢・望月俊孝

今回は、昨年の10月28日に大阪で行われました、
望月俊孝氏との新刊対談イベントの模様をお届けいたします。
当日は、立ち見が出るほど満員となり、お2人の出会いの話から2017年の星の動き、
AIに負けない自分作りについてなど、会場は大いに盛り上がりました。
いつものVOICEの倍の2時間収録になっておりますので、
2枚組のCDでお届けいたします。

【Vol.47】「あたりまえ」を「感謝」に変えれば「幸せの扉」が開かれる

話し手:來夢・シーズンズ一条 道

來夢VOICE Vol.47は、來夢のアシスタントである一条 道が参加し、
2人の出会い、シーズンズでの働き方、自問自答などについて語り合い、
現在の來夢の仕事の取り組み方・考え方が垣間見れる内容となっております。
また、來夢的開運レターからできあがった9月に発売された新刊
『「あたりまえ」を「感謝」に変えれば「幸せの扉」が開かれる』
に書かれている印象的な文章をピックアップし、來夢がさらに深く
掘り下げて解説していきます。

2017年の扉をハッピーに開けるヒントとなる言葉がきっと見つかるはずです。

【Vol.46】『月のリズム ポケット版』によせて

話し手:來夢・岡村季子

『來夢VOICE 』(Vol.46)は、
最新号 Vol.46 『月のリズム ポケット版』によせて。

今回のゲストはきずな出版 代表取締役専務 岡村季子さん。
岡村さんは、6月に発売された、來夢著『月のリズム ポケット版』の
担当編集者でもあります。

新しく生まれ変わったポケット版のこと、
來夢と岡村さんの出会いにまつわるエピソードや
出版業界についてなどにも話は広がっていきます。
とくに、生まれた日の月のかたちがもたらす感情の起伏については、
自分を知るヒントになるでしょう。

いつも來夢が大切だと話す「素直さ、正直さ」を
持って仕事に取り組むということ。
岡村さんの話からその姿勢を感じることができるはずです。

【Vol.45】 「元プライベートバンカーと語る日本の今とこれから」

話し手:來夢・前田和彦

『來夢VOICE 』(Vol.45)は、
「元プライベートバンカーと語る日本の今とこれから」。

今回のゲストは、元プライベートバンカー前田和彦さん。
前田さんは、スイスの銀行でお客様のご家族と密に関わっていく
プライベートバンカーとしての業務を学び、日本の銀行でも
そのお仕事を実践されてきました。
現在は、プライベートバンカーとしてのノウハウを活かしながら、
会社の再建に携わっていらっしゃいます。

たくさんの資産家の方と会い、海外でもお仕事をされてきた
前田さんだからこそ話せる、日本の投資の現状や親と子どものあり方、
震災が起こった際の住宅問題など。
その考えは、この激動の時代を地に足をしっかりつけて進んでいく
あなたの道しるべになるかもしれません。