月に訊く・ツキに効く 2015年 8月

清香月(きよかづき・新月)

清香月(きよかづき)

《8月14日の新月》
周囲からの注目が集まるとき。自分磨きがツキに効く。
苦手なことに挑戦すると意識が変わりそう。目的意識を持って行動すること。
言葉遣いや身だしなみも大事。友人のアドバイスを参考にしよう。

《8月30日の満月》
思い通りに運ぶとき。ありのままの自分を見せることがツキに効く。
失敗を恐れず、チャンスと感じたら躊躇せず積極的に取り組んで。
ただ、強引なやり方はトラブルのもと。周囲との調和を大事にしよう。

若兎月 ( わかうさぎづき )

《8月14日の新月》
空回りしやすいとき。情報収集することがツキに効く。
チームで行動するより、単独で過ごしたほうがトラブルを回避できそう。
策を練るよりいまは現状維持がベスト。余計なひと言に気をつけて。

《8月30日の満月》
方向転換のとき。諦めない姿勢がツキに効く。
自分のやり方や考えを貫くことで、新たな可能性が広がることに。
気配りと目配りを忘れずに、慌てず騒がず信じる道を進もう。

聖海月 ( きよみづき )

《8月14日の新月》
白黒はっきりつけたくなるとき。ソフトな言動がツキに効く。
どんなに自信を持っていることでも、強引な印象だけが残ってはイメージダウンに。
メールや部下を介した指示など、ワンクッション置くことがポイント。

《8月30日の満月》
人の気持ちに寄り添えるとき。コミュニケーションがツキに効く。
相談役やボランティア活動は、新たな関係や刺激を運んでくるきっかけに。
思い入れが強すぎて、マイナス思考に引きずられないように気をつけて。

蒼華月 ( そうかづき )

《8月14日の新月》
夢中になるものが見つかるとき。コミュニケーションがツキに効く。
話の合う人と楽しく過ごせたり、共通の目標を持つ人から良い刺激を受けることも。
交流の場には積極的に参加して、自分らしさを発揮していこう。

《8月30日の満月》
迷いが生じて結論が出にくいとき。周囲との協力体制がツキに効く。
問題から目をそらさず、時間をかけて納得するまで向き合うこと。
カギは横のつながり。得意分野を生かし合うことで見えてくるものがありそう。

情熱月 ( じょうねつづき )

《8月14日の新月》
目標が明確になるとき。ひらめきがツキに効く。
体力も気力も充実し、チャンスを大きく広げることができそう。
仲間を大事にして意思の疎通を図ることで嬉しい展開も。

《8月30日の満月》
人づき合いが楽しくなるとき。礼儀を大切にすることがツキに効く。
仕事でもプライベートでも人脈に恵まれ、様々な刺激を受けることになりそう。
とくに年長者の話は有益。サポーターになってくれる人との出会いも。

銀波月 ( ぎんぱづき )

《8月14日の新月》
才能が認められるとき。インスピレーションがツキに効く。
大抜擢されるなど、状況が急展開することも。自信を持って臨もう。
縦のつながりを大事にすると、いざというときに力になってもらえそう。

《8月30日の満月》
物事がよく見えるとき。ポジティブ思考がツキに効く。
指示を待つより自分の意思で動くことが好結果につながりそう。
効率アップにはスケジュール管理が大事。周囲の動きも頭に入れておこう。

古代月 ( こだいづき )

《8月14日の新月》
周囲への配慮が大事なとき。謙虚な気持ちがツキに効く。
いまは我慢のときと心得て、やけを起こさず周囲の動向を見守ること。
オーバーワークにも要注意。休息と気分転換を心がけるようにして。

《8月30日の満月》
変化の波に乗れるとき。心機一転がツキに効く。
自分と異なる意見やこれまで無関心だったことに、ヒントがありそう。
こだわりを捨て、自分に向き合い、本当に必要なことを見極めよう。

神香月 ( かみかづき )

《8月14日の新月》
自分の意見を主張できるとき。攻めの姿勢がツキに効く。
目標に向かい前進あるのみ。ただし、周囲との協調も大事にすること。
よけいな波風は行く手を阻む障害になるので、慎重に臨んで。

《8月30日の満月》
周囲との距離感が上手にとれるとき。人に合わせることがツキに効く。
自分のペースで進めるより、協力者として力を発揮したほうがスムーズに。
冒険は次の機会に。いまは勉強のときと心得て知識を深めよう。