ウラニアン

アップライト 用語

ウラニアン占星術は、20世紀初頭にドイツで発展した特殊な占星術の一形態です。この占星術のシステムは、伝統的な西洋占星術に基づきつつも、追加の惑星や仮想点(ウラニアンポイントとして知られる)を使用することが特徴です。ウラニアン占星術は、より精密で技術的なアプローチを提供し、伝統的な占星術よりも詳細な解釈を可能にします。

ウラニアン占星術の主要な特徴

  • 追加の惑星:ウラニアン占星術では、トランスネプチュニアンと呼ばれる一連の仮想惑星(例:キュピド、ハデス、ゼウス、クロノスなど)を使用します。
  • 仮想点:中点やその他の特定の計算点を重要視します。これらの点は、二つの天体や重要な角度間の中間点として計算されます。
  • 細かな解釈:ウラニアン占星術は、人物の性格や運命の詳細な側面を明らかにすることを目指しており、伝統的な占星術よりも複雑な解釈を提供します。

ウラニアン占星術の使用法

  • 個人の出生図において、ウラニアンの要素は、伝統的な天体の配置と組み合わせて解釈されます。
  • これにより、個人の性格、経験、人生の可能性についてのより深い洞察が可能になります。

ウラニアン占星術の応用

  • ウラニアン占星術は、個人の内面的な動機、隠れた才能、人生の転機などを明らかにするのに特に有用とされます。
  • また、関係性やキャリアの分析にも応用されます。

ウラニアン占星術は、より高度な占星術の知識と技術を必要とするため、特に熟練した占星術師や、より詳細な情報を求める個人に適しています。この占星術のアプローチは、伝統的な占星術に新しい次元を加えるものとして評価されていますが、その複雑さと特殊な要素のため、全ての占星術師にとってアクセスしやすいわけではありません。