オーブ 用語

丑(うし、丑年:うしどし)は、中国の伝統的な干支の一つで、十二支の第2の位置に当たります。丑は牛を象徴し、特定の年や時間帯を表す動物のシンボルとして、中国占星術や日本の干支において使用されます。丑年は12年に一度巡ってくる周期で、この年に生まれた人々の性格や運勢に特定の特徴があるとされます。

丑の基本的特性

  • 忍耐強さと勤勉さ:丑年に生まれた人は、忍耐強く、努力家とされます。目標に向かってコツコツと努力を積み重ねるタイプです。
  • 誠実さと信頼性:誠実で堅実な性格を持ち、他人からの信頼を得やすいとされます。
  • 実用的:現実的で実用的なアプローチを好み、夢想よりも実行に重きを置きます。

丑年の人の特徴

  • 丑年に生まれた人々は、一般に頼りがいがあり、確実に物事を成し遂げる力を持っています。
  • 彼らはまた、保守的で慎重な面があり、変化を好まず、安定を求める傾向があります。
  • 落ち着いており、感情を表に出さないことも多いですが、内には情熱を秘めています。

丑年と他の干支との相性

  • 十二支に基づく相性では、丑年の人は特定の干支と相性が良いとされます。特に、辰(ドラゴン)や巳(ヘビ)とは相性が良いとされることがあります。
  • 逆に、丑年の人は未(ヒツジ)や午(ウマ)年生まれの人とは相性が悪いとされることがあります。

丑に関する特性は、中国の伝統的な占星術や日本の干支における文化的な解釈に基づいています。これらの特性は、個人の性格や運命を完全に決定するものではなく、一つの指標として考慮されます。また、これらの解釈は伝統的な信念に基づいており、科学的根拠に基づくものではないことを理解しておくことが重要です。

参考サイト