アスペクト

アスペクト 用語

占星術における「アスペクト」とは、ホロスコープ(出生図)上での惑星同士の角度的な関係を指します。これらの角度は、惑星間のエネルギーの流れを示し、個人の性格、経験、人生の出来事に影響を与えるとされます。アスペクトには主に「主要アスペクト」と「マイナーアスペクト」の二種類があり、それぞれが異なる影響を持ちます。

主要アスペクト

  • コンジャンクション(0度):二つの惑星が同じ位置または非常に近い位置にある状態。エネルギーが合流し、強化される効果があります。
  • オポジション(180度):惑星が対面する位置にある状態。対立や緊張、バランスの必要性を示します。
  • トライン(120度):調和的で安定した関係。流れやすいエネルギーを示し、才能や能力が自然に発揮されることを示唆します。
  • スクエア(90度):挑戦や障害を示す緊張した関係。成長や変化のためのエネルギーを生み出します。
  • セクスタイル(60度):協力的で生産的な関係。チャンスや可能性を示し、努力による成功を促します。

マイナーアスペクト

  • これには、セミスクエア(45度)、セスキスクエア(135度)、クインカンクス(150度)などが含まれます。
  • マイナーアスペクトは、通常、主要アスペクトほど強い影響はありませんが、細かい調整や微調整を必要とするエネルギーを示します。

アスペクトの解釈

  • アスペクトは、惑星の性質とその関係性を解釈するための重要なツールです。
  • 各アスペクトは、ポジティブなものとネガティブなものがあり、それぞれが異なるチャンスや挑戦を示唆します。

占星術におけるアスペクトは、個人の内面的な特質や人生の経験を深く理解するための重要な要素です。これらのアスペクトは、個人のホロスコープにおける惑星の配置に基づいて解釈され、個人の性格や運命に影響を与えるとされます。ただし、占星術はあくまでガイダンスを提供するものであり、個人の意思や行動に代わるものではありません。