アストロロジー

アストロロジー 用語

アストロロジー、または占星術は、天体の位置や運動が人間の世界、特に個人の性格、人間関係、および地上の出来事に影響を及ぼすという考えに基づく一種の占いです。その起源は古代文明にさかのぼり、世界中の多様な文化で独自の形で発展してきました。

アストロロジーにおける主要な要素と概念は以下の通りです。

  • 星座:天の赤道に沿って分布する12の星座があり、これらは西洋占星術の基本となる太陽星座を構成します。これらの星座は牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座、乙女座、天秤座、蠍座、射手座、山羊座、水瓶座、魚座です。
  • 惑星:太陽系の惑星、太陽、月(これらは伝統的に「惑星」と見なされる)は、それぞれ異なるエネルギーと特性を象徴し、個人のホロスコープにおいて重要な役割を果たします。
  • ホロスコープ:個人が生まれた時の天体の配置を示す図です。この図は、出生時の正確な時刻と場所に基づいて描かれ、個人の性格、運命、人生の傾向などを読み解くのに用いられます。
  • アスペクト:惑星間の角度的な関係を指し、これらの関係は個人の性格や人生の出来事に影響を与えるとされます。
  • 昇る星(アセンダント):出生時に東の地平線に昇っていた星座で、個人の外見や他者に対する印象に影響を及ぼすとされます。

アストロロジーは科学的根拠に欠けるという批判も受けていますが、文化的、心理的な観点からの関心や価値は依然として高く、多くの人々が個人的な洞察や自己理解のために占星術を用いています。それぞれの文化や伝統によって異なる形の占星術が存在し、西洋占星術、インド占星術(ジョーティシュ)、中国占星術などが代表的です。