月に訊く・ツキに効く 2016年 2月

月の形月名新月(水瓶座)
満月(乙女座)
清香月
(きよかづき)
2/8

新月
シビアになるとき。謙虚さがツキに効く。批判的な物言いや、自分のやり方にこだわり過ぎないことが重要。無謀な競争は避け、アクティブに動くとストレス発散に。
2/23

満月
神経質になるとき。検証することがツキに効く。気になることはスルーしないこと。前進のための大事なプロセスと考えて。問題点は話し合い、納得して進んだほうが結局は近道で、組織も磐石に。
若兎月
(わかうさぎづき)
2/8

新月
気ぜわしくなるとき。ひと呼吸おくことがツキに効く。今期は次への準備期間と捉え、無駄があってもあせりは禁物。これまでと違う課題や目標が出てきたら、きちんと受け止めること。
2/23

満月
人に対してイライラしやすいとき。自分に向き合うことがツキに効く。周囲の人の動きが気になり、何事も人のせいにしてしまう傾向に。自分でできることに集中することが大事。信頼関係は徐々に回復するはず。
聖海月
(きよみづき)
2/8

新月
独創的になるとき。積極性がツキに効く。アイデアをかたちにしていく動きは、飛躍のチャンスに。いろいろな分野の人と交流して、自分の考えをアナウンスすること。
2/23

満月
積極性に欠けるとき。小さな努力がツキに効く。仕事のためとかではなく、自分の気持ちがいい程度のことが意外と大事に。特別なことをしなくても、前を向いていることを心がけて。
蒼華月
(そうかづき)
2/8

新月
頭が冴えるとき。高めの目標設定がツキに効く。やった分が必ず結果に表れるので、努力を惜しまないこと。ただし、人の行動に口出しするなどお節介はNG。周りを良く見て行動を。
2/23

満月
自分に自信がもてなくなるとき。コミュニケーションがツキに効く。直感やひらめきがないときには、信頼できる人に相談を。絆の深まりとともに、新しい知識や考えに触れるなどの副産物も。
情熱月
(じょうねつづき)
2/8

新月
良い決断ができるとき。行動力がツキに効く。検討していたことは、ここで進めると良い結果を得られるはず。あまり気負わず、でもルールや常識は守って着実に運ぶように。
2/23

満月
実力が発揮できるとき。信念を貫く姿勢がツキに効く。細かいところにまで目が届くようになるので、大きな失敗はないはず。
気づいたことには裏づけを取って対処を。協調性を忘れないこと。
銀波月
(ぎんぱづき)
2/8

新月
自分らしさが発揮できるとき。謙虚さがツキに効く。コミュニケーション能力を武器に、物事を進展させるのが手。気持ちが通じる人とのつき合いは大切に。交際費はケチケチしないこと。
2/23

満月
頭が冴えるとき。集中力がツキに効く。面白い発想ができるので、思いついたことは人に話したりメモすること。仕事以外のときはリラックスを心がけて。体を動かすこともおすすめ。
古代月
(こだいづき)
2/8

新月
自由な発想ができるとき。想像力がツキに効く。湧き出たアイデアを誰かに話すと、形になる可能性が高まるもの。常識や秩序にとらわれない柔軟さとアピール力が必要。
2/23

満月
気配りができるとき。コミュニケーションがツキに効く。新しい人間関係から、アイデアや活力を生み出すパワーをもらえそう。旧友や上司などから誘われたら、断らずに積極的に参加を。
神香月
(かみかづき)
2/8

新月
意志が強くなるとき。意見交換がツキに効く。自分の意見を通したいときこそ、誠実な姿勢が大事。周囲と調和してこそ実力が発揮できるので、自分ひとりで進めないように。
2/23

満月
問題点がきちんと見えるとき。誠実さがツキに効く。改善策としての手段を冷静に検討することが大切に。揺らぐことのない思いとともに、周囲への思いやりも忘れないこと。