月に訊く・ツキに効く 2016年 11月

月の形月名新月(蠍座)
満月(牡牛座)
清香月
(きよかづき)
10/31

新月
可能性が広がるとき。いつものテリトリーを出ることがツキに効く。とりあえずのチャレンジでもマイナスはなし。自分を信じること。ウインドウショッピングや美術館巡りで感性を磨くこともおすすめ。
11/14

満月
自分らしくいられるとき。集中力がツキに効く。パートナーや友人と情報や時間を共有するとより充実。趣味を通して新たな出会いの予感も。オンとオフの切り替えがカギ。
若兎月
(わかうさぎづき)
10/31

新月
新しい展開に胸躍るとき。好奇心がツキに効く。仕事でも趣味でも、楽しむことで先につながっていくことに。結果や利益にとらわれず、興味ある分野への知識を深めていこう。
11/14

満月
考え過ぎてしまうとき。体を使うことがツキに効く。視野が狭くなりがちなので、外の世界に目を向けるように心がけて。友人の誘いにはできるだけ乗ること。話題の映画や展覧会もおすすめ。
聖海月
(きよみづき)
10/31

新月
スキルアップのとき。グループ活動がツキに効く。多くの刺激を受けることで発想力がアップ、新たな展開へのヒントを得られそう。セミナーや飲み会、趣味の会やスポーツなど、積極的に参加を。
11/14

満月
自分のやりたいことが見えてくるとき。正直さがツキに効く。環境を整えて、目標にストレートに向かうことで、実力もアップ。周囲のアドバイスを取り入れることも大事。適度な運動と気分転換も心がけよう。
蒼華月
(そうかづき)
10/31

新月
気持ちが不安定になりやすいとき。リフレッシュがツキに効く。もっとも集中していることから離れてみることがポイント。見えていなかったものが見えてきて、いろいろな面で調整ができるようになるはず。
11/14

満月
自分のペースで動けるとき。好き嫌いをしないことがツキに効く。苦手なことにも手を出してみると、意外な経験ができ、収穫がありそう。人を誘って出かけるなど、「自分から」の動きを大切に。
情熱月
(じょうねつづき)
10/31

新月
自分らしさが周囲に受け入れられるとき。礼儀正しい態度がツキに効く。人との縁をつなぎ、発展させることが、チャンスを引き寄せることに。ただし、他人のおだてにならないように要注意。冷静な対応を心がけよう。
11/14

満月
自分の意思が強まるとき。決定権を持つことがツキに効く。やりたいことがはっきり見えて、仕事に没頭する傾向に。責任感を発揮するとともに、周囲への感謝や気配りも忘れないこと。
銀波月
(ぎんぱづき)
10/31

新月
思い通りの結果が残せるとき。事前準備や前倒しの進行がツキに効く。習慣や慣習にとらわれず、やり方を工夫することで効率もアップしそう。やりがいを感じる半面、人に対して厳しくなってしまう傾向には要注意。
11/14

満月
人間関係が安定するとき。コミュニケーションがツキに効く。思い切った提案も、今期なら受け入れられるはず。 頭の中を整理し、理路整然と話して、意思の疎通を図ることが大事。
古代月
(こだいづき)
10/31

新月
スマートな社交術が冴えるとき。楽しい会話がツキに効く。今期は議論もコミュニケーションのひとつ。有意義な時間となりそう。周囲の認知度も高まるので、身だしなみにはいつも以上に気をつかって。
11/14

満月
心が解放されるとき。実践がツキに効く。停滞していたこと、心配していたことが動き出し、いよいよ実力発揮。常識にとらわれず、できると思ったことはやって損なし。
神香月
(かみかづき)
10/31

新月
思い通りに行かないとき。ペースダウンがツキに効く。焦って手を出すよりも、待ちの姿勢がベスト。駆け引きもNG。周囲の流れは気にせず、必要最低限のことに余裕を持って取り組もう。
11/14

満月
リセットしたいとき。甘え上手がツキに効く。ゆったり過ごして心の余裕を取り戻すことが今期の課題。実力キープで十分。あれこれ求めず、適度に手を抜いて、心と体にやさしく過ごそう。