MENU

ウェイト版タロット

ウェイト版タロット

ウェイト版タロットは、最も有名で広く使われているタロットカードの一つです。このデッキは、1910年にイギリスの神秘主義者アーサー・エドワード・ウェイトによって設計され、パメラ・コールマン・スミスによって描かれました。ウェイト版タロットは、従来のタロットデッキの意味合いを維持しつつ、より直感的で理解しやすいイメージを採用しています。

ウェイト版タロットの特徴

  • 構成:ウェイト版タロットは、78枚のカードで構成され、大アルカナ22枚と小アルカナ56枚から成ります。
  • 大アルカナ:人生の重要な変遷や精神的な道筋を象徴するカードで、愚者(0)から世界(21)までの22枚があります。
  • 小アルカナ:日常生活の様々な側面を表すカードで、4つのスート(杯、剣、棒、ペンタクル)ごとに14枚ずつあります。

イラストレーションの特徴

  • ウェイト版の最大の特徴は、小アルカナのカードにも詳細なイラストレーションが描かれていることです。これにより、カードの意味をより直感的に理解しやすくなっています。

使用法

  • タロットリーディングにおいて、カードは個人の過去、現在、未来を探るために使用されます。リーダーはカードの象徴的な意味と、質問者の特定の状況との関連性を解釈します。

普及と影響

  • ウェイト版タロットは、その明確なイメージと深い象徴性により、初心者からプロの占い師まで幅広く使用されています。
  • このデッキは、現代タロット占いの基準となっており、多くの派生版やインスパイアされたデッキが制作されています。

ウェイト版タロットは、そのアクセシビリティと豊かな象徴性により、タロット占いの世界において重要な地位を占めています。このデッキは、タロットの伝統を継承しつつ、新しい解釈やアプローチを可能にした画期的な存在です。

参考サイト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次