MENU

陰陽道

陰陽道(おんみょうどう)は、中国の陰陽五行思想に基づいて日本で独自に発展した宇宙観や哲学、宗教的なシステムです。陰陽道は、自然現象、季節の変化、方位学、時間の概念、さらには個人の運命や健康に至るまで、多岐にわたる事象を理解しようとするものです。

陰陽道の基本概念

  • 陰陽:宇宙のすべてのものは陰と陽、すなわち相反し合うが補完し合う二つの基本的な力によって成り立っているとする考え方です。
  • 五行:木、火、土、金、水の五つの元素(行)が自然界や人間の生活において互いに影響を及ぼし合うとする思想です。


陰陽道の実践

  • 占いと予測:陰陽道の知識を用いて、自然現象や人間の運命を占い、予測することが行われました。
  • 方位学:建築や都市計画において、吉凶の方位を定めるために用いられ、地相学(風水)の一形態としても発展しました。
  • 儀式と祈祷:邪気を払い、疫病を治療し、豊作を祈るための様々な儀式や祈祷が行われました。


陰陽道の影響

日本の歴史、特に平安時代において、陰陽師と呼ばれる実践者たちは宮廷や社会において重要な役割を果たしました。
陰陽道は、後の日本文化や宗教観、芸術に深い影響を与え、現代においてもその要素は多方面に見受けられます。
陰陽道は、占いの手法としてだけでなく、日本の自然観や宇宙観を形成する上で重要な役割を果たしました。この思想は、自然界と人間の関係を調和のとれたものとして捉え、多面的な理解を促すものです。

参考サイト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次