MENU

オーブ

オーブ

占星術における「オーブ」とは、二つの惑星または重要な点(例えばアセンダント)が特定のアスペクト(角度的な関係)を形成する際に許容される誤差の範囲を指します。アスペクトは惑星同士の角度に基づく関係で、それぞれ特定の意味を持ちます。オーブは、この角度が完全でなくてもアスペクトが有効とみなされる範囲を示します。

オーブの基本概念

  • 許容範囲:例えば、太陽と月が正確に180度の角度(オポジション)を形成する場合、若干の誤差があってもそのアスペクトは有効とされます。この誤差の範囲がオーブです。
  • 一般的なオーブの大きさ:オーブの大きさはアスペクトによって異なりますが、通常は5度から10度の範囲内です。


オーブの重要性

オーブは、アスペクトが個人のホロスコープにどれだけ影響を与えるかを示します。オーブが小さいほど、そのアスペクトはより強い影響を持つとされます。
オーブが大きい場合、アスペクトの影響はより広範囲かつ緩やかになります。


オーブの応用

占星術師は、ホロスコープを解釈する際にオーブを考慮し、惑星間のアスペクトがどの程度強い影響を持つかを判断します。
オーブを考慮することで、ホロスコープのより正確な解釈が可能になります。
オーブは占星術において、アスペクトの精度と影響力を評価するための重要なツールです。これにより、ホロスコープの細かいニュアンスを理解し、より豊かな洞察を得ることが可能になります。ただし、オーブの扱いは占星術師によって多少異なることがあるため、解釈には個々の占星術師の経験と知識が重要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次