MENU

オポジション

占星術における「オポジション」は、二つの惑星が太陽系内で互いに反対の位置にあるアスペクト(角度的な関係)を指します。オポジションは、360度の円を想定した場合において、180度の角度で発生します。このアスペクトは、対立やバランスの必要性を象徴するとされ、占星術において重要な意味を持つアスペクトの一つです。

オポジションの特徴

  • 対立と緊張:オポジションは、二つの異なる力や性質が直接対峙している状態を表し、しばしば内面的または外面的な緊張や対立を生じさせます。
  • バランスと統合の必要性:このアスペクトは、対立する要素間のバランスを取ることの重要性を示唆し、調和や統合への取り組みを促します。


オポジションの影響

個人のホロスコープにおいてオポジションがある場合、それは通常、その人が解決すべき課題や、成長のために取り組むべき対立を示します。
オポジションは、個人が対立する性質や欲求の間でバランスを見つけ、より成熟した理解に至る機会を提供します。


オポジションの例

例えば、太陽が牡羊座にあり、月が天秤座にある場合、これらはオポジションの関係にあります。この配置は、自己主張(牡羊座)と協調(天秤座)の間のバランスを求める必要性を示唆します。
オポジションは、占星術における個人の性格、人間関係、人生のテーマに影響を与える重要なアスペクトです。このアスペクトは挑戦的な面がありますが、自己認識の向上と個人的成長の機会をもたらす可能性もあります。重要なのは、これらの対立するエネルギーを理解し、バランスのとれた方法で統合することです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次