MENU

北中点(IC)

北中点

北中点(North Node)は、占星術において重要な役割を果たす概念で、人々の運命や人生の目的に深い意味を与えるとされています。西洋占星術では、ラーフ(Rahu)とも呼ばれることがあります。

北中点の基本

北中点は、月の軌道が黄道(太陽の apparent path)を北向きに交差する点です。これは、「月の昇交点」とも呼ばれます。
この点は、天体の実際の位置ではなく、二つの軌道の交点に関連する仮想的な点です。


占星術における意味

北中点は、個人の成長、発展、運命の達成に関連しているとされています。これは、人生で追求すべき方向性や目標を示唆しています。
占星術では、北中点はしばしば魂の目的や、この生で達成すべきことを象徴すると解釈されます。


個人のホロスコープとの関連

個人のホロスコープにおいて、北中点の位置は、その人が成長し、発展するために取り組むべき分野やテーマを示します。
例えば、北中点が特定の星座やハウス(生活の領域)に位置している場合、そのエリアにおける経験が個人の進歩に重要であることを意味します。


南中点とのバランス

北中点は、その反対側に位置する南中点(South Node)と常に対になっています。南中点は、過去生や既得のスキル、慣れ親しんだ振る舞いを象徴しているとされます。
北中点と南中点は、過去と未来、慣れ親しんだものと新たに追求すべきもののバランスを示しています。


占星術的なアプローチ

占星術師は、個人の北中点を分析することで、その人の潜在能力や未来の可能性について洞察を提供します。
北中点は、人生の中で直面する課題や、乗り越えるべき障害、成長のための機会に関する指針を与えると考えられています。
占星術において、北中点は個人の成長と発展の道を照らす一種のコンパスとして機能し、生涯を通じて個人が目指すべき方向性を示しています。しかし、この概念は占星術の信念体系に基づくものであり、科学的な証拠によって裏付けられているわけではありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次