MENU

インド占星術

インド占星術

インド占星術、またはヴェーダ占星術(ジョーティシュ)は、数千年の歴史を持つインドの伝統的な占星術です。西洋占星術とは異なり、インド占星術はヴェーダの教えに基づいており、個人の運命、性格、人生の可能性を読み解くために天体の位置を分析します。

主要な特徴

  • 宇宙観:インド占星術は、宇宙のエネルギーと個人の生命が相互に影響し合っているという考えに基づいています。
  • サイデリアル占星術:西洋占星術がトロピカル(季節に基づく)システムを使用するのに対し、インド占星術は星座の実際の天体位置に基づくサイデリアル(恒星)システムを使用します。

重要な要素

  • ナクシャトラ:27あるいは28の星座(ナクシャトラ)は、個人の性格や運命に深い影響を与えるとされます。
  • ダシャ:特定の期間の運命を示すシステム。人生の各段階が異なる惑星の影響下にあると考えられます。
  • カルマと再生:カルマ(行動の結果)と再生の教えが、個人の運命に影響を与えるとされます。

使用方法

  • 出生図(ジャータカ)の作成:出生時の正確な時間と場所に基づいて、個人の占星術的なチャートを作成します。
  • このチャートは、個人の性格、才能、健康、結婚、キャリア、財運などの側面を分析するのに用います。

インド占星術の特徴

  • 精神的な側面と物質的な側面の両方に重点を置いています。
  • リーディングは、運命の理解だけでなく、個人の成長と進化のための指針を提供します。

インド占星術は、その深い哲学的な背景と複雑なテクニックによって、占星術の中でも独特な位置を占めています。人生の様々な側面に関する洞察を提供し、個人の成長と自己実現の道を照らすためのツールとして使用されています。しかし、これらの見解や予測は信念体系に基づくものであり、科学的な証拠に基づくものではありません。

参考サイト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次