MENU

黄金比

占いにおける「黄金比」とは、直接的な占いの手法やシステムとして用いられるわけではなく、自然界や人間の創造物に見られる比率の美学的な原則です。黄金比(1:1.618)は、数学的に美しいとされる比率で、古代から建築、芸術、自然界の形成に影響を与えてきました。占いや神秘主義の文脈では、この比率が宇宙の調和や秩序を反映しているとされ、時に精神的、霊的な意味合いを持つことがあります。

黄金比の概念

数学的な定義:黄金比は、一つの線を二つの部分に分けた際に、全体と大きい部分が小さい部分との比率が等しくなるという比率です。これは約1:1.618と表されます。
自然界と芸術での適用:この比率は、貝殻の渦巻き、花びらの配置、古代建築など、自然界や人間の創造物に広く見られます。


占いや神秘主義における黄金比

一部の神秘主義や占いの伝統では、黄金比が宇宙の調和や秩序を象徴していると考えられることがあります。
人間の体や顔の比率が黄金比に近いと、美的な魅力や調和の象徴とされることがあります。


黄金比の限界

しかし、黄金比は占いの具体的な手法として使われるわけではなく、単なる数学的・美学的な原則にすぎません。
占いの文脈では、黄金比は直接的な予測や性格分析とは関係がなく、より広い宇宙的な調和や美の理解に寄与する概念として扱われることが多いです。
占いにおける黄金比は、主に象徴的な意味を持ち、自然界や宇宙の調和の理解を深めるための一つの視点を提供するものです。これを直接的な占いの手法として使用することは一般的ではありません。

参考サイト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次