MENU

悪相

悪相

占いにおける「悪相」とは、主に西洋占星術において使用される用語で、天体の配置が個人の運命や性格に悪影響を及ぼすとされる配置を指します。占星術では、天体の位置関係(アスペクト)が個人の人生や性格に影響を与えると考えられており、これらのアスペクトは良い影響を与える「吉相」と悪い影響を与える「悪相」に分けられます。

主な悪相

  • スクエア(四角):二つの天体が90度の角度で配置されるとき、これはスクエアと呼ばれ、挑戦や障害を象徴するとされます。
  • オポジション(対立):180度の角度で配置される天体はオポジションと呼ばれ、対立や緊張を意味するとされます。
  • クインカンクス(異質):150度の角度で配置される天体は、調整やバランスの取り難さを示すとされるクインカンクスです。

悪相の影響

悪相は、個人の性格の内面的な葛藤、人間関係の緊張、人生の挑戦などを示唆します。
しかし、これらは必ずしもネガティブな意味のみを持つわけではなく、成長や学びの機会をもたらすとも考えられます。

占星術における悪相の扱い

占星術では、悪相は避けられない課題として受け止められることが多く、それをどのように乗り越えるかが重要視されます。
悪相が示す障害や課題を克服することで、個人はより強く、賢明になるとされています。

注意点

占星術は科学的根拠に基づくものではなく、その解釈は文化や個人によって異なります。
悪相は、必ずしも現実の出来事や運命を直接的に決定するものではなく、むしろ個人の内面的な成長や認識の枠組みとして理解されることが多いです。
占いの悪相は、人生の挑戦や成長の機会を象徴するものとして、多くの占星術師や占星術愛好家によって使用されています。これらは、個人の自己理解や自己成長の道具として役立つことがあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次