MENU

オーラソーマ

オーラソーマは、色彩を通じて自己発見と個人的な成長を促すホリスティックなセラピーです。1980年代にイギリスでヴィッキー・ウォールによって開発されました。オーラソーマは、占いというよりは、色のエネルギーを用いて内面の探求を行う自己認識の手法として位置づけられます。

オーラソーマの基本的な概念

  • 色彩の選択:オーラソーマのセッションでは、個人が直感的に選んだ色の組み合わせを分析します。これらの色は、その人の性格、感情、深層心理、潜在能力などを反映しているとされます。
  • バランスボトル:オーラソーマでは、色彩が含まれる特別な二層構造のボトル(バランスボトル)を用います。これらのボトルは、上部にオイル、下部に水ベースの液体が入っており、さまざまな色の組み合わせが特徴です。


オーラソーマのセッション

クライアントは、色彩の組み合わせが含まれるバランスボトルの中からいくつかを選択します。
セラピストは、選ばれた色の組み合わせを通じてクライアントの現在の状態や課題、可能性について解釈し、洞察を提供します。

色彩の意味

オーラソーマでは、各色は特定の意味やエネルギーを持っているとされ、クライアントが選んだ色は、その人の内面の状態やニーズを反映しています。
色彩の解釈は、心理的、霊的、感情的な側面を考慮に入れて行われます。
オーラソーマは、単に未来を予測する占いではなく、個人が自己の内面を探求し、自己認識を深めるための手段として使用されます。このアプローチは、クライアントが自己の感情や潜在意識に気づき、個人的な成長や癒しを促すことを目的としています。

参考サイト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次