MENU

アーサー・エドワード・ウェイト

アーサー・エドワード・ウェイト

アーサー・エドワード・ウェイト(Arthur Edward Waite, 1857年10月2日 – 1942年5月19日)は、19世紀から20世紀にかけての著名な神秘思想家、オカルティスト、および作家です。彼は特に西洋の神秘主義、秘教、そして特にタロットに関するその深い知識と貢献で知られています。

ウェイトの生涯と業績には以下のような重要な点があります:

  • 生い立ちと教育:ウェイトはイギリスのブルックリンで生まれました。若い頃からオカルトと神秘主義に興味を持ち、多くの文献を読み漁りました。
  • 神秘主義への関与:彼は複数の神秘主義団体に参加し、特に黄金の夜明け団(Hermetic Order of the Golden Dawn)のメンバーとして活動しました。この団体は、アレイスター・クロウリーなど他の著名なオカルティストも所属していたことで知られています。
  • タロットへの貢献:ウェイトは最も有名なタロットカードの一つであるライダー・ウェイト・タロットデッキの創作者として広く認識されています。このデッキは、美術家パメラ・コールマン・スミスとの共同作業により、1910年に発表されました。このタロットデッキは、その象徴的なイメージと直感的な解釈のしやすさから、世界中で広く使用されています。
  • 著作活動:ウェイトは多数の書籍とエッセイを執筆しました。これらの作品は、キリスト教神秘主義、錬金術、タロット、ロゼクルーシアニズムなどの主題に焦点を当てています。

ウェイトの業績は、現代の神秘主義やオカルト研究において重要な位置を占めており、彼の作品や考え方は今日でも多くの研究者や実践者によって引用され、研究されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次