MENU

アレイスター・クロウリー

アレイスター・クロウリー

アレイスター・クロウリー(1875年10月12日 – 1947年12月1日)は、イギリスの神秘主義者、儀式魔術師、および作家であり、20世紀初頭のオカルト運動に大きな影響を与えた人物です。

生涯と業績

  • クロウリーは、裕福な家庭に生まれましたが、若い頃から伝統的な宗教観に反発し、神秘主義やオカルトに強い興味を持ち始めました。
  • 彼は、黄金の夜明け団(Hermetic Order of the Golden Dawn)という有名な秘密結社に参加し、そこで魔術やカバラ、占星術などの知識を深めました。

神秘主義と魔術

  • クロウリーは、西洋の魔術と神秘主義の実践において重要な人物となり、自身の哲学と実践方法を「テレマ」と名付けました。
  • 彼は、「法は愛のみ」(”Do what thou wilt shall be the whole of the Law”)というフレーズで知られており、個人の意志と真の意志の追求を強調しました。

著作活動

  • クロウリーは多作な作家であり、神秘主義、魔術、タロットに関する多くの著作を残しています。
  • 彼の最も有名な著作の一つに、「法の書」(The Book of the Law)があります。これは彼が神秘的な啓示を受けたと主張して書いたもので、テレマの基礎を形成しています。

影響と遺産

  • クロウリーの教えと実践は、現代のオカルト運動や新宗教運動に大きな影響を与えました。
  • 彼はまた、自由な性愛、ドラッグの使用、非伝統的なライフスタイルを積極的に実践し、当時の社会規範に挑戦しました。

論争と評価

  • クロウリーの生涯と業績は、賛否両論を巻き起こしました。彼は一部からは邪悪な人物と見なされ、また他の人々からは革新的な思想家と尊敬されました。
  • 死後も彼の影響力は続いており、オカルトや神秘主義の分野で引き続き重要な人物とされています。

アレイスター・クロウリーは、20世紀のオカルト運動における最も著名で物議を醸す人物の一人であり、彼の思想と業績は現代における多くの神秘主義的実践に影響を与え続けています。

参考サイト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次